子供の矯正はいつはじめればいいの?|横浜市青葉区の矯正歯科・小児矯正

矯正治療のタイミングの見極め方

いつから始めればいいの?

お子さんの矯正治療をはじめるタイミング

子供を見守る母親イメージ

「矯正治療って何歳からできるの?」

虫歯などの場合はすぐにでも治療をはじめるのがいちばんですが、矯正治療は虫歯を治すわけではないため「いつ治療をはじめたらよいのかわからない」という方が多いようです。

治療をはじめるのに適した時期というのは、お子さんの体の発育や遺伝的要素などが複合的に絡みます。以下では治療をはじめる時期を決めるうえでのポイントをお伝えします。

矯正時期を考えるうえでのポイント

大人の前歯(5~6歳)、6歳臼歯(大人の奥歯)は正しく生えてきましたか?

大人の前歯が4本生えそろう時期(7~8歳)に歯ならびが大きく乱れている場合は矯正専門医に相談しましょう。小児矯正の場合、小学校2~3年生で矯正治療を開始する患者さんがいちばん多いのです。この時期は乳歯から永久歯への生え替わりの途中で治療計画が立てやすくなります。あごの骨がまだ成長途中のため、バランスを改善しやすいなどの利点があります。

骨格生の受け口と交叉咬合

受け口や反対咬合、交叉咬合の場合は、大人の歯が生える前の乳歯列期から矯正治療をはじめる場合もあります。

術前01
術前
術前02
術後

3歳児検診で反対咬合を指摘され来院された患者さんです。お母様と相談した結果、4歳から治療を開始し、約6ヶ月で改善しました。

矯正治療をはじめるタイミング

体の発育はお子さんごとに異なるために「何歳から治療ができる」という基準はありません。もっとも早期のケースで4歳くらいになりますが、生え替わる順番、あごや歯の大きさなどの遺伝的要素もかかわってくるので一概にはいえないのです。矯正治療をはじめるタイミングについては、一度、矯正専門医にご相談ください。さまざまな治療法を扱っている医院をご紹介いたします。

7歳~8歳で矯正を始めたケース

症例01

ケース1
7歳の男の子です。上顎左右の前歯がでてきましたが、反対咬合になっています。

症例02

ケース2
8歳の男の子です。上顎の前歯が1本だけ反対咬合になっています。この時期の反対咬合は自然には治りませんが、短期間で改善可能です。

症例03

ケース3
8歳の女の子です。顎の成長が不足しているために、上下顎とも前歯4本が曲がって出てきています。

9歳~10歳で矯正を始めたケース

症例04

ケース1
10歳の男の子です。顎の発育が不十分なため、前歯が生える場所が不足しています。

症例05

ケース2
10歳の女の子です。上顎の成長不足のために反対咬合、うけ口になっています。

11歳~12歳で矯正を始めたケース

ケース1

ケース1
11歳の女の子です。上顎がせまいために前歯が出ています。

ケース2

ケース2
12歳の女の子です。すべて大人の歯にはえかわりましたが、
上顎前突になっています。

大人の歯はすべて生えそろいましたか?

すべての歯が大人の歯に生え替わっているなら、例外を除いてすぐに治療をはじめられます(中学生くらいになると永久歯がすべて生えそろいます)。ただし、歯ならびが大きく乱れている場合は、成長を利用して治療をはじめたほうがいいケースもあります。いずれにせよ正しい歯ならびにするには、早めに矯正専門医に相談することが大切です。

↑ PAGE TOPへ

小児矯正治療のデメリット

メリット
乳歯の歯ならびから永久歯の歯ならびへの交換期に行う小児矯正治療では、すべての永久歯の歯ならび、咬み合わせを治すことはできません。たとえば、混合歯列期に前歯を治療しても隣の永久歯がズレて出てきた場合は、治した前歯が横から押されてしまい、元の位置に戻ってしまいます。
あごの成長バランスに大きな異常がない場合は、歯ならびが気になっても小児矯正治療は行わず、大人の歯ならびになってからの治療をおすすめする場合があります。いずれにせよ、矯正歯科医と小児矯正治療のメリットやデメリットについてよく相談する必要があります。
思春期のお子さんを持つ方へ
一概にはいえませんが歯並びが悪いというだけで、お子さんが学校などでいじめの対象になってしまうこともあるかもしれません。矯正治療はお口の中の問題だけではなく、心にも影響してきます。もしお子さんが口元を隠すように手で覆ったり、笑わなくなったりしているようなら、しっかりと悩みを聞き、治療法があることを教えてあげましょう。

治療期間を短くできる矯正 思春期など装置を付けている期間を短くできる方法があります

↑ PAGE TOPへ

Copyright (C) 横浜市青葉区|悩み別矯正歯科ガイド|小児歯科も対応 All Rights Reserved.