子供の歯ならびが悪くなるのは遺伝でしょうか?|横浜市青葉区の矯正歯科・小児矯正

大事な日は素敵な自分で迎えたい

子供の歯ならびが悪くなるのは遺伝でしょうか?

歯並びが乱れた原因は遺伝とは限りません

「最近、子供の歯並びが気になる…」「祖母の出っ歯が遺伝したのかしら…」

お子さんの歯並びが悪い場合、その原因として親や祖父母の出っ歯(上顎前突)や受け口(下顎前突)などが遺伝したことが考えられます。しかし、顎の形や大きさ、歯の生え方などは必ずしも遺伝するものではありません。
実はお子さんの歯並びが悪くなる原因は、遺伝よりもそれ以外によるところが大きいのです。

なぜ歯並びが悪くなるの?~原因について~

口呼吸や舌癖(筋機能異常)が原因になる場合があります。

口呼吸
口呼吸
現代の子供の多くは、さまざまなアレルギーの問題により慢性的な口呼吸になっています。
すると口呼吸の影響により、顎の発育不全が生じ、叢生になりやすくなってしまいます。
※叢生・・・歯がデコボコに生えている歯並び。八重歯も叢生の一種です。
舌癖
舌癖
舌を上下の前歯の間に突き出すような癖がある場合は、叢生やオープンバイトになりやすくなります。
会話中に、お子さんの舌が見える場合は要注意です。
口をあける癖
口をあける癖
「子供が眠っている時、口をぽかんと開けていませんか?」
お口を開けていると直接、アレルゲンや細菌が、からだの中へ入ってくるため、かぜや病気にかかりやすい、鼻づまりも慢性化していきます。

こうすれば解消できます!

対処方法「筋機能矯正法で使用するとりはずし式装置」

とりはずし式装置01とりはずし式装置02

口呼吸や舌の突出癖などは顎まわりの筋機能が異常である証拠です。機能的整形治療装置(ファンクションレギュレーター)を使った筋機能矯正法により、筋機能を正常な状態に回復します。なお、この装置は取り外し可能なので食事やお手入れの際も安心です。

お子さんの歯並びが気になる親御さんは、とみた矯正歯科クリニックまで一度ご相談ください。お子さんがなぜ歯並びが乱れてしまったのか?を検査でしっかりと突き止めて、適切な治療法をご提案させていただきます。

↑ PAGE TOPへ

Copyright (C) 横浜市青葉区|悩み別矯正歯科ガイド|小児歯科も対応 All Rights Reserved.