矯正中・後の注意点は?|横浜市青葉区の矯正歯科・小児矯正

キレイな歯並びを保つために知りたいこと

矯正中・後の注意点は?

矯正治療中・後に気をつけたいこと

花イメージ

矯正治療を受けるときに知っておきたいポイントを、「治療中」「治療後」に分けてご説明します。

現在治療中の方や治療を終えた方はもちろん、これから治療を考えている方もぜひご覧ください。

矯正治療中に気をつけるポイント~虫歯を防ぐ~

検診イメージ

矯正治療中に気をつけるべきなのは、虫歯。

固定式の矯正装置は、0.5~3年間は取り外せません。装置の周囲には食べカスやプラークが溜まりやすいため、虫歯を引き起こしがち。メインテナンスをきちんと行い、ご自分の歯を守りましょう。

矯正治療後に気をつけるポイント~キレイな歯並びを保つ~

歯並びの美しい女性イメージ

矯正治療がすみキレイな歯並びを手に入れたら、途端に歯に対する関心がうすれてしまう場合があります。矯正装置から解放されてうれしい気持ちはわかりますが、その後のケアを怠るとまた元の乱れた歯並びに戻ってしまうこともあるのです。

矯正治療がすんですぐは、歯の周囲の骨が固まっておらず、不安定な状態になっています。そのため、移動後の位置から元の位置に戻ろうとする力が加わるのです。歯の周囲の骨が安定するまではリテーナーを付けることでキレイな歯並びを保てます。リテーナーを外す時期は歯科医師から話があるので、必ずそれまでの期間は付けるようにしましょう。

リテーナーについて
リテーナーとは、矯正治療の仕上げに付ける保定装置のこと。整った歯並びを維持するために付けます。

矯正治療の目的は一時的に歯並びを整えることではありません。定期検診を受けて、歯並びが元の位置に戻ろうとしていないかなどをこまめに確認しましょう。

↑ PAGE TOPへ

Copyright (C) 横浜市青葉区|悩み別矯正歯科ガイド|小児歯科も対応 All Rights Reserved.