料金・医療費控除|横浜市青葉区の矯正歯科・小児矯正

とみた歯科クリニック・矯正治療料金案内

料金・医療費控除

矯正治療 料金表

※下記の料金は2014年4月1日以降の消費税8%込の料金表記となっております。

診査診断料(税込)
矯正相談料 無料
矯正初診料 ¥3,240
精密検査料 ¥37,800
咬合診査料(永久歯列期治療の場合) ¥16,200
治療費(税込)
再診料 ¥5,400
部分矯正基本矯正料 ¥108,000~
混合歯列期基本矯正料(前期治療)
(おもに小学校低学年まで)
¥324,000
基本矯正料分割払いの場合
初回金 ¥162,000
基本矯正料分割金 (6回分)¥27,000
合計 ¥324,000
永久歯列期基本矯正料A
(おもに小学校高学年から中学生)
¥702,000
永久歯列期基本矯正料B ¥756,000
基本矯正料分割払いの場合
初回金 ¥216,000
基本矯正料分割金 (20回分)¥27,000
合計 ¥756,000
成人矯正基本矯正料A ¥864,000~

なお、「混合歯列期」から引き続き「永久歯列期」の治療を受診する患者様は、永久歯列の治療時に基本矯正料の差額を申し受けます。

矯正治療費は、個人の歯並びの状態により異なります。上記費用は、治療内容によって異なり、下限・上限を示すものではありません。

↑ PAGE TOPへ

医療費控除制度とは

書類と計算機イメージ

医療費控除制度とは、自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができる制度のこと。

医療費控除は所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

計算方法

(実際に支払った医療費の合計額-(A))-(B)

A:保険金などで補てんされる金額(例:生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される医療費・家族療養費・分娩費など)

B:10万円

その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

対象期間

1月1日~12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を越えた場合の超過分に対して適用されます。

条件

年間所得が200万円未満の場合、所得×5%を基準として超過分に対して適用されます。いずれにせよ1年間でこの基準を超えないといけません。

控除を受けるために準備するもの

  • 医療費控除に関する事項を記載した確定申告書
  • 歯科医院の領収書
  • 公的交通機関の領収書
  • 認め印
  • 源泉徴収票(給与所得している場合)
矯正治療でも控除されるの?
予防と美容に関するものは認められないとされていますが、審美的改善だけが目的でなく、咀嚼障害の改善を主な目的とする治療なら認められます。矯正治療を受ける大抵の人は歯並びが悪いため、咀嚼障害や咬み合わせの改善ということになり、控除対象となりますのでご安心ください。

↑ PAGE TOPへ

Copyright (C) 横浜市青葉区|悩み別矯正歯科ガイド|小児歯科も対応 All Rights Reserved.